マミ〜の無料相談:シンガポールから帰国した息子について


Kyoさんからのご相談

初めまして。三男児の母のKyoと言います。ランディーさんに質問させていただけるなんて!

でも、上手く言いたいことを伝えられるか自信がなく、書いては消しを繰り返し、今日意を決して送信ボタンを押したいと思います。

長男が2歳半でシンガポールに渡り、7年弱過ごし、2年前に帰国しました。長男、次男は滞在中、現地校で英語と中国語で教育を受けました。三男は1歳半で帰国したので、ほぼ日本語のみを話します。

最近やっと日本の学校生活に慣れて、日本語のレベルもクラスメートに追いついて来ました。(長男小4、次男小1)帰国後日本語習得に必死で、次男はほとんど英語を忘れてしまったようです。ただ、日本語で困ることがなくなった今、このまますっかり英語を忘れてしまうのはもったいないのかな?と欲が出て来てしまいました。私の希望としては、可能な範囲で英語の勉強を続けて欲しいのですが、本人がやりたくなるのを待った方がいいのか?と悩んでいます。

多分、「続けた方がいいよ。」と言って欲しい自分がいるのだと思います。でも、幼稚園年長で帰国し日本語での生活を楽しんでいる次男に今英語を勉強させるより、今はじっくり日本語での思考力を高めることに専念する方がいいのか、いくら考えても何が正解か分からずランディーさんのご意見をお聞きしたいと思い質問させていただきました。どうぞ、よろしくお願いします。

因みに小4の長男は英語の勉強を続けていますが、家で家族と英語を話すのは拒否します。以前は、兄弟の会話は英語でしたが、今はそれも日本語に変わりました。ただ、長男は、幼いながら英語が話せず辛かった記憶があるようで、折角話せる英語を大事にしたいと言っています。

from マミ〜

男の子が3人!羨ましいです。さて、ご質問ですが

>本人がやりたくなるのを待った方がいいのか?と悩んでいます。

え??それ以外、どういう方法があるの?と思ってしまうくらい、「はいその通り、本人がやりたくなければやらない方がいい」と思っています。

ところが、ここが親の知恵の使いどころです。やりたくなるように、自然に誘導することはできませんか?

大人の悪知恵は、子どもより巧みじゃないとダメですが、上手くやれば功を成します。もし私だったらですが・・・私だったら、子どもの方からやりたいとお願いしてくるように仕向け、でも「そんなにやりたいんじゃあ、しょうがない。これからちゃんと自分でお片付けとかできるようになったら、その時には教えてあげるよ」くらいの、究極の悪知恵を働かせます。

本当に自分が心から欲したものは、貴重なんですよ。でも、心から欲してないことをやらされたら、それは苦痛なんです。

どうぞご自分が子どもの頃のことを思い出してみてください。

ちなみに、これまた私だったらですが、もし3人も男の子の子宝に恵まれていたら、私だったら、子どもたちが「どうしてもやらせてください」と、親に頼むように仕向けて、武道などの運動をやらせます。

男の子は体が丈夫だと、自信がつくみたいですよ。人間も野生ですから。

ランディーさん、お返事ありがとうございます。

やっぱり、そうですよね〜。じっくり考えて、悪知恵をひねり出したいと思います(笑)。ここは母の腕の見せどころですね。私の下心は、息子たちに直ぐ悟られてしまうので、慎重にことを運びたいと思います。

武道…日本に帰国して辞めてしまいました…今は長男はバスケットボールに夢中です。次男はお友だちと如何に長く遊べるかに必死で、今のところ何もやってません。回遊魚のように止まることを知らない彼ら。やや心配してたのですが、確かに体が丈夫なことはありがたいですね。次男、三男の今後の選択肢に武道が入るよう策を練ります!

きっとそうなんだよなぁと思っていることに「それ以外どんな方法があるの?」と言っていただいてスッキリしました。モヤモヤエネルギーを別のものに変えて、日々彼らと向き合っていきたいと思います。

ありがとうございました!

★無料相談お受けします★
(ユニークな相談や質問、大歓迎)


子育て・教育についてはもちろん、テキサスってどんなところ?馬を飼ったきっかけは?など、どんな質問でもOKです。

メルマガ、このブログ記事で回答させていただきます。過去のご相談内容

ご相談はこちらからどうぞ。

無料メルマガ登録

チルドレン大学について詳しく知りたい >>

■ わたしの仕事