ディミトリーのセッション③

ディミトリーのセッション③

軽早足でポスティングするレッスンをし、その後長らく駈歩をして、彼はかなりの時間、馬上で身体を動かしました。レッスンの後、馬具を片ずけて馬を戻しに行く間、ディミトリーは多くのことを語ってくれました。

そのきっかけは、私のたった一言でした。それは私が彼にしてあげることができた、最も重要な言葉がけだったかもしれません。

「あなたのことを話ししてくれる?」

あとは彼の話を聞いていただけでした。遠い将来、いつか彼はウクライナの孤児院に行って、子どもたちを助けることをしたいらしい。「僕には施設の子どもたちの気持ちが分かるから」と言っていました。そして大学に行こうと思っていると話してくれました。そのためには、今回は絶対に麻薬を止めると言っていました。
馬の乗って身体を動かすと、身体と心と脳が繋がるのかな。

チルドレン大学について詳しく知りたい >>

■ わたしの仕事

無料メルマガ登録