テーマ33:「早期教育」このテーマこわっ・・


※ こちらの記事では、旧ブログ『学力は全米トップ0.1%〜秘訣は幼児期の教育(2005年5月〜2007年3月)』の内容をそのまま公開しています。

考えるポイント
早期教育って日本ではイメージ悪いですね。なんだか詰め込み教育しているみたいなそんなイメージがありません?私的には、早期教育って決して悪いものじゃなく多くの人に推奨したいことなのですが、それにしてもまずは早期教育とは何かという定義から入らないとダメかなぁ?と、独り言。

「早期教育について語ろうじゃないか!」なんて、オフラインじゃなかなか討論できないテーマだわ。

「ね~、ね~、お宅では早期教育どうよ?」なんて聞けます?それってほとんど、おもむろに「あなたは宗教持ってる?」とか、「自民党と民主党、どっちに投票した?」って聞くようなもんじゃないですか?

私の場合は、前に宣言した通り、ウルトラ教育ママごんです。ですので早期教育には反対じゃないし、子どもの脳の発育を考えると、やっぱり0歳から、色々なことを教えるといいと思っています。

 
ただし、ただし、ただし・・・

早期教育の教材は嫌いだったね。

教材いっぱい使ってたら、わたしゃバカになると思ったよ。で、わたしがバカになっちゃったらですよ、利口な子供を育てられないとも思ったよ。でも、「教材を上手く利用してやる」というしたたかさがあって、教材を使っているのならいいかもね。

 
で、お薦めしない理由ですが・・・

与えられた教材使ってたら、親は自分で考えなくていいでしょ

で、考えない親が、どうやって考える子どもを育てられるのか?

っていう、シンプルな疑問があるワケなんです。

あなたは早期教育についてどう思います?

★無料相談お受けします★
(ユニークな相談や質問、大歓迎)


子育て・教育についてはもちろん、テキサスってどんなところ?馬を飼ったきっかけは?など、どんな質問でもOKです。

メルマガ、このブログ記事で回答させていただきます。過去のご相談内容

ご相談はこちらからどうぞ。

無料メルマガ登録

チルドレン大学について詳しく知りたい >>

■ わたしの仕事