テーマ24:緊急時の真実


※ こちらの記事では、旧ブログ『学力は全米トップ0.1%〜秘訣は幼児期の教育(2005年5月〜2007年3月)』の内容をそのまま公開しています。

考えるポイント

地球温暖化が原因か、はたまた宇宙のプログラムなのか・・どちらにしても、自然災害はこれからますます世界中で引き起こされてると、科学的な角度から、はたまたスピリチュアルな角度からも言われています。その準備のために、私たちは一体毎日をどのように過ごせばいいのでしょうか?

ただいま~。
昨晩、自宅に帰ってきました。

テキサス州ヒューストン在住の私たちは、ハリケーンRITAのため、
こちらの時間で先週の水曜日から、ヒューストンから西に車で約3時間半のサンアントニオという町に避難していました。

この度は、ブログやメールで励ましてくださった方々、ありがとうございました!
日本語が使えるコンピューターがなかったので、お返事できませんでしたが、メッセージを読むことはできました。なんとうれしかったことか。。。
本当にありがとう。

 
RITA避難のご報告ですが、幸い私たち家族は全く何の問題も、困ったこともなく、素敵なお友だち家族と、殆どバケーションのノリで楽しく過ごし、ご心配いただいた方々には逆に申し訳ないくらい、楽しい旅行をしてきました。お友達家族とピクニック。

この女の子は中国から養女になった子で、とても大事に育てられている賢くていい子なんです。お父さんは絵描きで、お母さんは小学校の先生。

241

242

 
大きな岩を登ったてっぺんで、凧揚げを無償に喜んでいる夫。。。

243

 
この女の子たちは二人共、中国から養女になった子たち。二人ともとっても賢そうな顔してるよね。これは子どもたちにお寿司の作り方を教えてあげた時です。手前にいるのはうちの子です。

244

 
さてさて本題に戻ります。。。

 
こちらは先週の火曜日から、RITAのニュースが報道され始めました。私たちはその時点で、ガソリンを満タンにし、必要な物を購入しました。その時にはまだ、スーパーやガソリンスタンドに長打の列はありませんでした。

そして翌日、水曜日。。。私は朝のニュースを見て、夫と息子を起こしました。

「今日は二人とも学校行かなくていいよ」って。

夫には職場に連絡するように、息子には1日くらい学校休んだってどうってことないと説明しました。報道は次第に凄まじくなり、RITAがカテゴリー3から4になった様子とか、午後にはヒューストンの市長が避難の要請をテレビでアナウンスしたり、緊張がかなり高まってきました。

 
私たちはその時点では、すでにパックも済んで出かける用意を済ませてました。はじめは、人のお家にお世話になるとは考えていなかったのですが、なぜか私の指が勝手に動いて、お友達の家に電話していました。そして、犬まで“ウェルカム”で、お世話になることになったのです。しかも早目に出かけたので、道路もさほど混んでなくすべてがスムーズでした。

 
数年前、トロピカル暴風雨で、ヒューストンが洪水になったことがあります。私は車を運転し子どもを学校に迎えに行く時でした。ほんの10分ほどの距離ですが、雨が急激に降ってきて(まずい)と感じたので、高台になっているコンビニエンスストアーの前の駐車場に、車を止めて待ちました。しかし、他の人たちはちょっとくらいの雨や洪水なんて平気だと侮ったのか、高台はまだ空いているにも関わらず、そのまま車を走らせていました。

特にSUV(スポーツユティリティー車)の人たちは、そのくらいへっちゃらと止まらずにドンドン行っていました。数分もすると洪水は酷くなり、多くの車が水に浸り動けなくなりました。そして、今度は動けなくなった車がクラクションを鳴らしたり、窓を開けて大声でどなったりしているではありませんか。

 
アホです。

あまりにも普段、満たさせすぎた生活をしているために、人間の力でなんとでもなるという慢心が、このような事態を引き起こすのだと思いながら、私は高台からその様子を眺めていました。

 
さてさて、今回のハリケーン騒動でも、どうやら同じことが起こったようです。都会で満たされた生活をしすぎていると、直感を失ってしまうのでしょうか?

自分だけは大丈夫という慢心からか、多くの人たちはすぐに行動せず、市長から避難の警告が出てしばらくして始めて、人々は避難を始めました。
そしてその時点で避難を始めた人たちは、高速道路に20時間近くはまってしまい、今回のハリケーンの被害よりも、酷い苦痛を味わうことになってしまったようです。

 
しかし・・・とっても不思議な気分です。

結局、ハリケーンは東にそれて、当初予想されていたようにヒューストンに直撃しませんでしたが、これまで普通に生活していたのが、人生が数日で急にひっくりかえるのですから。緊急事態の報道がされ、バタバタと避難の用意をする中、私はあるメッセージを伝えるように指示されました(神様からかな~?)。

そのメッセージはどこから来たのか分かりませんが、今回このような体験をしたことから学んだことを多くの人に伝える義務があると、水曜日にフッと感じたことがあります。

 
それは、、、

 
“これは警告である。但し緊急に備えて慌てて避難の準備をしろということではない。準備をしなくてはならないのは、毎日の生活の中で育まれる人間の資質である“

自然災害などの危機に遭遇した時、その時だけ慌てて逃げようとしても無駄です。人間に物や家や車やお金が無くなり、丸裸になった時に残される人間の資質を普段から磨いておかなければいけないということです。これは子育てで言えば、危機が訪れた時に急に躾をしても間に合わないということです。普段の生活、つまり毎日の生活の中で、子どもにきちんと厳しく躾をすることが大切です。緊急時に、ぬるま湯につかり我が儘に育てられた子どもを連れて、あなたはどうしますか?

 
丸裸になることを想像してみてください。

私たちは今回の経験で、この気持ちを体験しました。その時、普段の生活態度、つまり毎日の生活の中で何をしてきたかだけが、重要なことなんだな~って思ったのです。自分自身以外なにも持っていかれないとすれば、自分が一体どういう人間であるかが、本当に大切なことだと、今回つくづく思わされました。

それは子育てでも同じことが言えるのではないでしょうか。人と助け合わなければいけない状況で、集中力を持って現状を把握し、自分がどういう立場にあるのか察知し、行動できる子どもを育てなくてはいけません。災害に面したからと言って、付け焼刃で親の言う事を素早く聞く、よく躾された子どもになんかならないのですから。

きっと、今回のハリケーンのニュースは日本でもテレビで報道されていたと思います。どうぞ、これを対岸の火事だと思わずに毎日の生活を見直すチャンスにしてください。“警告”ということは、これからもっとこのような事態が多くなるのでしょう。

私は日本の多くの人達に準備をして欲しいと考えています。このような体験をアメリカでして、それを日本の人達に伝えることで、多くの人たちに今後起こりえる災害のために、準備をして欲しいのです。その準備とは、緊急の際の非常用品を揃えることではありません。

それは毎日の生活の中で、あなたの人間性を高めることにあります。どういうつながりがあるのか、抽象的で分かりにくいかもしれません。でも、あなたも子どもも、何もなくなった時に残る資質さえ高めておけば、救われるような気がするのです。これがメッセージです。

ではでは。

P.S.
ここのところ日本語使ってなかったので、変な日本語になってないか心配しながら今これを書いているのでした。

ちょっと変なとこあっても許してね。

★無料相談お受けします★
(ユニークな相談や質問、大歓迎)


子育て・教育についてはもちろん、テキサスってどんなところ?馬を飼ったきっかけは?など、どんな質問でもOKです。

メルマガ、このブログ記事で回答させていただきます。過去のご相談内容

ご相談はこちらからどうぞ。

無料メルマガ登録

チルドレン大学について詳しく知りたい >>

■ わたしの仕事