感情のパターンは身体から変えた方が早い

感情のパターンは身体から変えた方が早い

怒るもんじゃない

 とか、

羨望の気持ちを持ったらいかん

 とか、

考えすぎない方がいい

 とか、

心配するな

 とか、

 
そうした感情に陥らない方がいいなんていうことは、みんな人に教わらなくても、誰だって分かっていること。

ただ、それって、分かったからってやめられない。

特にそうした感情で子どもに接しているお母さんが、それを止めようとして、でも止められなくて、自分を責めるという循環が結構あるのではないかと。

  • どうしても子どもを甘やかしてしまう
  • どうしても子どもにきつい言い方をしてしまう
  • どうしても途中で諦めてしまう
  • どうしても子どもにキーってなってしまう
  • どうしても子どもに舐められてしまう
  • どうしても子どもの心配を止められない

誰にでもあるし、誰でも反省するんですよね。

でも、その感情のパターンがあるからやめられない。だから、そんなことを止めなさいって言われたって、止められないんだよー。そうした感情のパターンが体の中に眠ってるから。

だとしたら身体から変えた方が早いと、つくづく最近思っているのでした。

その場合、自然と知らぬ間に思い方が変わってくると思うのですよね。

 
寒すぎなテキサス、犬布団。

★無料相談お受けします★
(ユニークな相談や質問、大歓迎)


子育て・教育についてはもちろん、テキサスってどんなところ?馬を飼ったきっかけは?など、どんな質問でもOKです。

メルマガ、このブログ記事で回答させていただきます。過去のご相談内容

ご相談はこちらからどうぞ。

無料メルマガ登録

チルドレン大学について詳しく知りたい >>

■ わたしの仕事